過去のメモと今のメモ

しばらく昔の記事のんびり移動中

今思ってること

世の中の数多のヲタの1人が好き勝手言ってるだけのブログです。
好き勝手に言ってる分、誰かを傷つけることがあると思うので、どこぞの赤の他人1人の意見に心乱される必要はないので、皆々様どうぞご自愛ご自衛ください。




2019年1月17日

界隈に久々に激震が走った。

Snow Manが増員。6+3で9人に。


私はそこまでリアルでヲタ友がいるわけではないので、意見の多くはTwitterでしか見られていない。
Twitterは特性上どうやってもコミュニティに偏りが出るし、さほど偏りなくするために検索してツイートを見るには、今回の件は割とみんな攻撃的すぎて疲れた。


ので、Twitterはぼんやり横目で見るくらいにして、私は1日、ぼんやーり考えてた。
社会人仕事しろ。


「え?マジで?じゃあどうするの?どうなるの?」って思った。


兼任がうまくいった例が無さすぎる……
人数が多いことがデメリットになること多いじゃないですかーンモー
15歳という年齢での今の判断ゆえに、彼がこの先この事を後悔する可能性が他の8人より高いのでは……
てかもしこの先ラウールが「つらいしんどい」と思った時、手を取り合って「一緒に頑張ろう」と言える同列のメンバーが居ないな……メンタルケアまで踏まえて成功を見てほすぃ
ていうかジャニアイ全落したからラウール肉眼で見たことないわ私ww
マンズ兄さん6人揃って他担が思うよりもメンタルくずもちだからなー
てかそんなにグループの平均年齢若返ってないな?
いやまて!ファンの年齢層は若返るかもしれないぞ?!
あいや待て!?若返るか???どうなの?!どうなのじーこ担さん!!??(ピンポイントの期待)


なんだこいつ元気だな。


生意気な部類の社会人だから、トップダウンにヤダヤダ言ってるうちに何となく溜飲を下げたり勝手に状況が変わってくれるのを思考停止して待つことはできない。かといって悪手を打つのは絶対に嫌だ。結果が博打な手を打つのも嫌だ。トップダウンが自分にとって最善に繋がる道を上手いこと模索しないと、気が済まない。

となると、決まった以上はこの先はもう2つしかない。
「増員が成功する」か「増員が失敗する」か。
そんなのもう成功させるしかないじゃないか。誰が他人の失敗を願うものか。それが自担なら尚更だ。

当日のお昼休みにはそんなこと考えてた。
私は「このままうやむやになる」が1番嫌だった。すのーまんは望んだだのついさっき知っただのWSでもだいぶ錯綜してたけど、少なくとも3人には必ず事前に打診があったと思う。
となると、私は相変わらずラウールの置かれた状況や人となりはまったくわからないけど、
目黒は宇宙をどうするのか(なにこの壮大なフレーズ)
向井は関西をどうするのか関東にくるのかどうか
この点は、2人は絶対に決断を迫られた上での今回だと思う。

こんな大きな決断を、うやむやになんてしていい物じゃない。
なかったことにしていいものじゃない。


なので、とにかく前向こうが横向こうが成功させるしかないんだな、という。
成功ってなんだ。
長期的にはデビュー(またはそれに該当する認知と活躍)だろうな。
短期的には……

短期的には、「ファンが喜ぶ」じゃないか?

なんだ。成功するかしないかは私たち次第なんじゃないか。


このあたりで私の思考は「だったらしゃーない、がーんばろ」になってるので、私はそこそこ茶こしメンタル。



じゃあまぁうん、がんばろー。

というテンションになったところで、今のところ言えるのは「3月に目で見るまでよくわかんないな」なので、ここから先はまたライブ後に。
ライブで「ナンデダヨォォォォォ」ってなってたら私は素直にナンデダヨォォォォォって横アリで言う。あ、いや、ちょっと空気読んで菊名で言ってるかもしれない。
今、増員を受け入れたからと言って、この先まだ出てない結果までどんなものであろうと無条件に受け入れる義務はないので。


でも願わくば、私は3月のライブで
「3人がすの曲の振りがめっちゃ完璧」とか「3人がアクロばりばりしてる」とかそういうことじゃなくて
「なんか9人にグループ感、あったな」
って、そういう感想になりたい。
スキルなんていいから、信頼関係を築いてて欲しい。







すでにチラ裏なのに、ここから先は、更に私の目の曇った願望の話。

あと、3人増えるから大丈夫だと思うけど
Snow Manの空気が今までと違うものになって欲しい。
今までのすのーまんの空気に3人が馴染む努力をするのでなく、もちろん寄せ集めでもなく、新しいひとつの空気をまた1から作り上げて欲しい。
でなければ、増員した意味がまったくなくなってしまうから。

はえびにはっしーが入った時、はっしーが既存のえびになれるよう努力して、出来るだけえびの空気を壊さずにえびになって、嬉しかったのにどこか不安だった。
私はるーたさんが歌舞伎に出た時、まるで前からずっと出てる歌舞伎メンバーのような馴染み方をしてて、きっとすごく努力したんだろうと思って、嬉しかったのにどこか不安だった。
それは、今思うときっとそういうことだったんだと思う。
求められているのは、馴染むことではなくて、既存に対して変革をもたらす事なんだろう。
それは既存の人達に対して、そしてそこに付いてるファンに対して、石を投げることになる。人によってはノーダメージだけど、人によっては頭からコンクリ流しかけられるような、命に関わる所業だろう。
そんなことを、新しい環境にきただけでも鬼のように大変なのに、さらに地獄の蓋を開ける役割まで求める。なんて酷い人事だろう。
でも、きっとそういう意図を持ってされた増員だと思う。でなければ増員なんてしない。する必要は、なかった。頭が見えてて、それでも良ければ。
蓋を開けて、成長しすぎて天井に頭をぶつけてたSnow Manの天井をとっぱらって欲しい。それがSnow Manが更に伸びて風に吹かれて飛躍するためになる。
私は増員したことに、そして増員したメンバーに、身勝手にそんな意図を乗せてしまう。

それが出来るのかどうかは、まだこれから。
3人が馴染んでしまうのか新しいものを作るきっかけになるのか、6人が馴染ませてしまうのか新しいものを作るのか。そしてそれをお出しされた時に、ファンがそれを受け入れるのか拒否するのか。

何だ、こうして改めて書いてみると、最終的な部分は、全部ファンの手にあるな。

結局は全部、私たち次第なんだな。

私のスタンスは、ファンは勝手に応援する身勝手な生き物、なんだけどな。
私たちの身の振り一つで人間の未来が決まってしまうのか。
怖いな。なるほど、これは怖いな。
人の人生に関わることをするんだから片手間にやってはいけないと言った滝沢さんの言葉が重いな。

これから数ヶ月の私たちが、9人分の人間の未来を活かし殺すのか。


うん、じゃあまぁ、腹くくるしかないな。


がんばろー。